2006/04/08

ルタバガ

時間がある時(ヒメの寝ている時)に、たくさんの方々のブログを拝見させていただき勉強させてもらっているのですが、すごく写真を上手に取り入れてデザイン的にも美しいブログのなんと多いこと!私もちょっと触発されてみました。

Feast1

と、いうワケでなんてことはない、ある日のウチの夕食です。

内容は:

1.麦+全粒小麦いり、土鍋炊き玄米ごはん

2.ブロッコリーのクリームスープ

3.あらめ、たまねぎ、コーンの煮物

4.五目野菜ソースonスイート&サワーテンペ

5.スプリングガーデンサラダ

6.ルタバガの浅漬け

7.Honey Tangerine 寒天ゼリー(写真に入れるのを忘れました。。。)

「ルタバガ」(Rutabaga)。。。耳慣れない響きですが、クリスティアナ・ターナーさんの「セルフヒーリング・クックブック」の中に登場していた日本人には未知の野菜です。と、思ったら日本では「カブハボタン」という名称があるらしく、家畜の飼料として使われているとのことです。

Rutabaga

名前が怪しいのでしばらく敬遠していたのですが、先日思い切って試してみました。最初はお味噌汁にしてみたら。。。なんてことはない、カブの味(笑)。身が黄色いぶん、白いカブよりはやや濃厚な風味ですが、パースニップ(Parsnip)ほどクセはないです。アヴェリン先生のクックブックをみていたら「ルタバガの浅漬け」なるものがでていたので、早速試してみたら、おいしい~♪ お醤油+水、個人的に好きな梅酢をちょっと入れて漬け込むこと数時間。大根の浅漬けよりも歯ごたえがあり、白カブよりもちょっと主張のあるカンジで、最近の私のお気に入りです。

アメリカの「Sexy」な野菜たち、これからもいろいろ試していこうと思ってます:)

| | コメント (2) | トラックバック (0)