« まくろってなんですか? | トップページ | Veganism in US »

2006/08/22

ヨーロッパでの日々 ギリシャ ②

調子にのって摂りすぎてしまった陰性のため、イマイチ調子の悪いままギリシャの旅後半戦へ。

アテネに戻ってきたらApollo Coastという海岸線に行って、またビーチでボーっとしようか、と言っていたのですが、私は体調も皮膚もボロボロ、夫も両足極度の日焼けでしばらく痛みがとれず、「ビーチは無理だね」ということで、ポセイドン神殿というところへ。

全く同じ状態で日光の下にいて、娘は全然ヘーキ。やはり歳の差?それとも生まれてこの方ずーっと基本は穀物と野菜の子供はやはり何かが違う??

051506_corinth2 ポセイドン神殿はそのApollo Coastをバスでずーっと行った終点のスニオン岬にある遺跡。アテネから車で30分もいくと、もう美しい海岸線。本当に、ギリシャって美しい国。海と山に囲まれ、自然がたくさんあって。その昔、ギリシャ神話の時代に神々がこの地を選んだのも納得です。

アテネにはベジタリアンレストランが数店あるのみです。乳製品使用。日本食レストランも1店しかなく、しかもそこはお寿司ややきとり、カツカレー丼などしかなく、「ざるそば食べたい」と思っていた私のはかない希望はみごとに打ち砕かれ、白米、浅漬け、お味噌汁、冷奴をすべて単品で頼むヘンな客。

アテネのベジタリアンレストランで一番大きいのが”Eden”というところ。アクロポリス、またはシンタグマ広場からも歩いていけました。詳しくはHP参照.。

あとは偶然にもホテルから徒歩10分ほどのところにベジタリアンデリ&カフェ、食材店があり、3、4回は利用させてもらいました。お店の名前はギリシャ語のためわかりません(爆)一応、Happy Cow Vegetarian GuideにはPanepistimiouと書いてあるのですが、それは通りの名前で、どうやら何か違う名前がギリシャ語で表示してあったのですが、解読不可能。分かるのは住所と電話番号のみ。

57 Panepistimou (El Venezelou)  Tel:013210966

シンタグマ広場からPanepistimiou通りとずっとくだり、オモニア広場にぶつかる少し手前、向かって左側にあります。

使っている食材は全部オーガニック。フレッシュアップル&キャロットジュースがとてもおいしかったです!このお店でのみ炊いた玄米(Edenさんのは全部油使用)があり、土鍋炊き、圧力鍋炊きにはもちろんとうていかなわないけど、持参したゴマ塩かけてとてもおいしくいただきました。ボイルしただけのひよこ豆などもあり、久しぶりに体がホーッとしたのを覚えています。

ここのオーナーらしき人がなぜか日本語ができて(以前日本で働いていたとか言っていました)、またまたいろいろサービスしてもらったわたしたち一家。たっぷり3人分は頼んだのに、「子連れだからおまけだよ」と言って1人分しかチャージされず、かつ「これもボクのおごり」と言って、焼きたてチェリータルトを気前よくとりわけて下さいました。

本当に、行く先々でたくさんの人の温かさに触れることのできた今回の旅。お互い支えあう、だから「人」という字が成り立つ。ヒトは1人だけでは完璧にはなれない、お互いに反発したり、影響しあったり、助け合ったりするから「人」なんだな~と、次の目的地、スペインへの飛行機の中でまたまた思考に耽っていた私でした。

スペイン編へ続く。

|

« まくろってなんですか? | トップページ | Veganism in US »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパでの日々 ギリシャ ②:

« まくろってなんですか? | トップページ | Veganism in US »