« ヨーロッパでの日々 ギリシャ ① | トップページ | ヨーロッパでの日々 ギリシャ ② »

2006/08/20

まくろってなんですか?

今日もまたちょっと寄り道。。。

先日、友人&初対面の方々(日本人)とお食事に行く機会がありました。この辺で最もお洒落なストリートにある、とあるイタリアンレストランへ。メニューにはほとんどバターやチーズが使われていて、私が乳製品を食べないのを知っている友人は「チーズ食べてあげるよ」と言ってくれたのがとても有難かったです。それだけお皿に残すのもやや罪悪感だったので。

マクロではない友人(というか私の友達はほとんどが非マクロ)とお食事に行くと、逆に気をつかわせてしまっているのが心苦しいんだけど。。。

「ここなら平気?」「これなら大丈夫?」

こんな「超頑固健康オタク」な私をそれでも誘ってくれる友人がいるのは本当に有難くて、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

大体1年以上のつきあいの友人は私の嗜好を理解してくれているのだけど、初対面でマクロを知らない人(特に日本人)に「肉、乳製品、家では砂糖も食べません」というと一気にサーっと引かれますね。

「え~、なんで食べないんですか?」「まくろってなんですか?」

またまたきましたこの質問。。。さーて、今回はなんて答えようかな。

「えーと、もともと肉は好きじゃないし、乳製品食べるとニキビができる一種のアレルギー体質で~。。。」ここまでは事実。「世界平和のため」なんてこの段階では口が裂けても言えません。(笑)

「”まくろびおてぃっく”っていうのは、要するに穀物や野菜を中心に、できるだけ添加物や保存料を使わずに楽しくおいしく食べる方法のことですよ~。」

「え~、でも肉なしなんて無理無理。」

「肉はダメというわけじゃなくて、食べたければ食べればいいし、おいしいと感じるのならそれでいいと思う。」

ちょっと「まくろびおてぃっく」について聞きかじったことのある人がいて、「でも調味料も、味噌とか醤油とかしか使わないんですよね?」

「塩やお酢なんかも使うし、みりんも使うし、何を使ってもいいと思いますよ。ウチは夫がみりん嫌いだから使わないけど。」これも事実。

「え~、それだけしか使えないんですかぁ~?」

「う~む。。。(心の声:他に何がある?砂糖のこと?)でもね、お味噌にもお醤油にもたくさん種類があるし、それを使い分けたり、あとは使う野菜の組み合わせや調理法を変えるだけで、味も全然違ってくるし、すごくバリエーションが増えますよ。こう組み合わせるとこんな味がでるんだ~っていう新たな発見も多いし。。。」

そのあたりで会話は子育てに移り、マクロ話は中断。後で気がついたんだけど、以前は「まくろってなに?」と聞かれたときに、私は以下のような説明をしていたと思います。

「肉、乳製品、砂糖、卵などを食べない、穀物と野菜、豆や海草を中心とした食事法」

あらら、なんてストイックな響き。

私自身のマクロが「否定」「排除」だったから、こういう説明しかできなかったんでしょうね。でもねー、最近は肉でも卵でも食べたければ食べればいいと思うんです。私の場合、それら極陽性のものをみただけでなんかこう、火山が噴火するときのような過剰エネルギーを感じてしまって口にする気にはなれないだけで。

そうそう、パリの街角ではしょっちゅうポークやチキンの「丸ごとロースト」マシーンを目撃し、ギリシャではGyrosと呼ばれる羊(かな?)肉のかたまりを目撃し、その度に体温が一気に上昇するのを感じて半径2m以上は近寄らなかったです。笑

よくよく考えてみると、私が玄米を食べるのは玄米が一番好きだから、という理由かも。暑くて食べたくないときはそうめんやパンを食べるだけで。油の使用法・量も賛否両論いろいろあるけど、食べたくなったら揚げ物も食べるし、食べたくないときは使わない。

「粉モノは週数回程度にしましょう」「天ぷらなどのあげものも週1くらいにしましょう」「オーブンでベイクしたものはとりすぎないようにしましょう」

マクロには肉・乳製品・砂糖以外にもたくさんの「ガイトライン」があります。でもね、パンがおいしければ納得いくまで食べればいいと思うし、コロッケでもマフィンでも、食べたければ食べればいいんじゃないかと思う。食べたいのに「我慢」して、ストレスがたまってしまう方が余計体に毒なんじゃないかと思います、個人的には。

でも、食べたら自分をよく観察する。食べることで心も体もハッピーならそれが必要だったということだし、やっぱり調子悪いなら今後はちょっと控えるとか。私は例のギリシャの一件で、それ以来ずっとビールとトマト控えてます。笑。

そうやってカスタマイズしていくのが、最近すごく楽しいです。で、気がついたら甘いものも前ほど欲しくなくなったし、食べすぎもなくなってきたし(旅行中は別!)、玄米とスープ、そして私の場合はゆがいた葉野菜があれば充分満足になってきました。

今でもたまに果物を食べ過ぎて具合が悪くなることはあるけれど。。。まぁそれも人生。おいしく楽しいのが一番。

|

« ヨーロッパでの日々 ギリシャ ① | トップページ | ヨーロッパでの日々 ギリシャ ② »

コメント

yuuさん、こんにちは。あら~、yuuさんも超陽性波動をかんじるんですか?マクロをしているとそうなるのかな?もうねー、チキンの丸ごとローストなんてはるかずっーと向こうの方に見えただけで、「うわっ。熱い、寄らないで」ってカンジです。

やっぱりチキンはチキンとして天寿を全うする方が幸せですよね、ローストされるより。

私は動物保護の観点からVeganになったわけではないから、「動物性は一切拒否」ってほどの強い主張もないけれど、でもやっぱり苦しんだ末に殺生された動物をいただくよりは、人間が歴史的に古来から摂取してきた植物性を頂くほうが自然かな、という気がします。

その方が気分もいいし。あ、でもトマトはしばらくパスだけど。笑。

投稿: yummy | 2006/08/22 13:03

yummyさん、こんにちわ~♪
うんうん、すごく納得!!
私も今こういう気持ちでいっぱいです!!!
それを代弁してくれるような記事でとても共感がもてます!!
私も昔は超ストイックにしていたので、排除的・禁欲的な面がありました。
でも、今は自分の体と相談して食べることができるようになってきました。
肉や卵や乳製品は、私もyummyさんと同じで、
何かとてつもないエネルギーを感じるので、口にしません。
それとあまり美味しそう!!と思わないのです(汗)
美味しそうと思わないなら、食べない方が食べ物にもいいかなとも思うし。。。(汗)

あと、トマトだって食べればいいじゃ~ん!と思って夏の間食べてたのですが、夏野菜って食べ過ぎるとどうも調子が悪くなって、気分も落ち込むんですよね。。。
だから、食べないようになりました。

こうやって、自分で試行錯誤しながら暮らすって
ホント楽しいですよね♪
うん、『楽しい』が一番ですね☆

投稿: macro_yuu | 2006/08/21 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まくろってなんですか?:

» 障害がストレスの素 [40(フォーティ)・ビューティ〜40歳からの女性の健康と美容〜]
あなたが何か目的、目標を持っているとします。 ストレスは、あなたがその目標を達成しようとしているときに 何らかの障害、壁が立ちはだかったときにも起こります。 [続きを読む]

受信: 2006/08/21 02:28

« ヨーロッパでの日々 ギリシャ ① | トップページ | ヨーロッパでの日々 ギリシャ ② »